#052 - 獣の印
だれでも、獣とその像を礼拝し、額か手に刻印を受けるならば、その者は(…)聖なる天使たちと小羊の前で、火と硫黄とで苦しめられる。(…)神の戒めを守り、イエズスに対する信仰を持ち続ける聖なる人々の忍耐がここにある。
黙示録 14:9-12
ピース・シンボル
両親達、私は再びあなた方に警告します。あなた方の子供達の首から、サタンの悪魔的な印を取り除きなさい。何故なら、それは彼らの霊魂を絞め殺すからです。その壊れた十字架は「平和の印」であるなどと偽装されていますが、反キリストの印です。それらがあなた方の子供達の霊魂を破壊する前に、それらを破壊しなさい。彼らの首に十字架をかけなさい。何故なら、それが彼らの霊魂を救う全てだからです。
1971年2月11日 聖母
ブロークン・クロス
彼らに、あなた方の家にこの邪悪な壊れた十字架を持ち込ませないで下さい。さもなくば、それはあなた方の家庭を運命づけるでしょう。それは破滅する人間の印です。
1971年2月1日 聖母
試験
私の子供達、それは本当に霊の戦いなのです。それは山羊から羊を分ける時なのです。あなた方は今、皆、試験されています。そして、あなた方が失敗するなら、あなた方は獣の印を受けるでしょう。そして、もしあなた方がこの厳しい試練を無事に通り越すなら、あなた方は自分の額に生ける神の印を持って抜け出して来るでしょう。その印は、光の中にいるあなた方の兄弟達皆がそれと分かるものでしょう。
1978年3月15日 聖母
アンク十字
それは下に十字架を持った輪ですが、その輪は均整のとれたものではなく、かなり歪んだものに見えます。...
わが子よ、あなたは理解するようになるだろう。何故なら、このシンボルはあなた方の子供達の首にかけられる最も一般的なものになるからである。このシンボルを受け入れてはならない。何故なら、これは反キリストの計画、悪の軍隊の計画の内にあるものだからである。
1977年11月21日 イエズス
あなた方はあなた方の首に準秘蹟を下げるようにと言われて来ました。私の子供達、その理由を説明します。あなた方はあなた方の傍にいる目に見えない悪の軍隊について警告されて来ました。私はあなた方に、あなた方の目はそれを見ることができません、と警告して来ました。けれども、それは存在し、あなた方があなた方の地面に立っているのと同じほど確固として、その世界に存在しています。このことを知りなさい。今、この地上には二つの陣営があります。一方にはルシファーが居り、他方には天国に至る道とその支持者達が居ます。あなた方は皆、印を受けました。印には二つのものがあります。獣の印と生けるキリストの印です。
私の子供達、時のしるしを読みなさい。今は戦いのさなかです。
1972年3月25日 聖母
イタリアの角
十字架があなた方の救いです。しかし、私の子供達の多くがルシファーのシンボルを身に付けています。あなた方はあなた方の首に角を下げています。そして、あなた方はそれをイタリアの豊穣の角と呼んでいます。しかし、それはそうではありません! それはルシファーの角です!...
私の子供達、他にも多くのサタンの紋章が売られています。それはカトリックと称される店においてさえ売られているのです。
1978年11月25日 聖母
終末の時代
私の子供達、あなた方は皆、今や、十字架の印をしるされました。天国からの恵みと共に前進しなさい。あなた方は皆、今や、終末の時代の使徒達です。そして、多くの終末の時代の聖人達が、あなた方の中から出るでしょう。
1977年6月18日 聖母
滅ぼされる
恩寵が豊かに与えられて来ました。それ故、あなた方には多くのものが期待されています。もしあなた方が、私と私の御子があなた方の中に置いた信頼に背くなら、あなた方もまた、滅ぼされるであろう人々と運命を共にすることになるでしょう。
1971年12月7日 聖母
テストされる
永遠の聖父は既に、ご自分に属する者達に印を付けられました。そして666の名を持つ悪の軍隊も、彼らに属する者達に印を付けました。霊の戦いが早まっています。あなた方は間もなく、永遠の聖父がもうどんなためらいをもお捨てになることを理解するでしょう。そして、あなた方は大いなるテストに付されるでしょう。
1980年6月18日 聖母
怪物
人類は既に、救い主の十字架か獣の印によって印づけられています。そうです、私の姉妹よ、人間は地上に怪物を作りました。そして永遠の聖父は、それを取り除こうとなさるでしょう。
1991年6月18日 聖テレジア
洞察力
光なる私の子供達、あなた方は時が進むに従い、あなた方自身の人間の目をもって、聖霊が永遠の聖父からあなた方にもたらす洞察力を通して、誰が十字架の印を持っているか、また誰が獣の印を持っているかを見分けることができるようになるでしょう。
1978年7月25日 聖母
自ら進んで
わが子よ、地上に非常に多くの犠牲の霊魂が置かれるであろう。その人々は霊魂達の救われのために、彼らの兄弟姉妹ではあるがサタンの印を受けてしまい、しかしそれを取り除こうとしている人達のために、自分の楽しみ、自分の人間的な追求を放棄し犠牲にすることを、自ら進んで受け入れる人達である。道はただ一つである。回心すること、そしてそうすることによって病んだ霊魂から立ち直ることである。
1985年7月25日 イエズス
茶色のスカプラリオ
私はあなた方に、祈りの真珠、ロザリオを与えます。私はあなた方に、大いなる恵みのスカプラリオを与えます。そして私はあなた方の母としてあなた方に、誰であれ死を迎える時にこのスカプラリオを身に付けているなら地獄の火を蒙らないと約束します。
私の子供達、全ての人々が今や十字架の印か獣の印を押されています。私の子供達、永遠の聖父は今や人類の点数を記録しました。
1979年8月4日 聖母
祈り
祈りだけが、獣の印を身に帯びてしまった人々を元に戻すことができます。
1974年8月5日 聖母
成聖の状態
準秘蹟であなたの子供達と家族を護りなさい。準秘蹟を身に付けずに外出してはなりません。成聖の状態にない人達は皆、死の印を印されています! 成聖の状態にない人達は皆、死の印を印されています!
1977年8月13日 聖母
分別のある年齢
救われる人の最終的な数は僅かであることでしょう。私の子供達、地上における正にこの時に、分別のある年齢に達したあらゆる人そして各々の人は、十字架と贖いの印をしるされたか、そうでなければ彼ら自身の自由意志から、獣の印、永遠の滅びを受け入れたのです!
1978年8月14日 聖母
印を押される
幼少期に洗礼を受け、自分自身を私の御子に従うものと定めた各々の人は、自分自身の上に十字架の印を受けています。しかしそのような人も、後の生涯においてその印を退け、獣の印を押されることがあり得ます。これはその人自身の選択にかかったことです。誰も自分の選択によらずして滅びることはありません。
1972年12月31日 聖母
選ばれた
私達と共にその心を奉献した人々は皆、今、自分の上に十字架の印を受けています。それは生涯の奉献と聖別を意味しています。
私の子供達よ。あなた方は聖父からこの印を受けているが故に、もし自分が光を拒絶するならば最も不幸なことだろうことを理解するでしょう。あなた方は多くの中から選ばれました。あなた方が天の聖父によってここに運ばれたのは単なる偶然ではありません。あなた方は皆本当に神の子供達なのです。
1974年12月31日 聖母
裁くなかれ
誰も他者を裁く位置に自分を据えてはなりません。あなたは助言することはできます。けれど、裁くべきではありません。天の聖父だけが常に最終的な裁判官です。
1973年11月24日 聖母
ピース・シンボルが善くないものであることは地上の観察からも明らかなようです。日記 2008/10/31 ピース・シンボル
《ページ移動のためのリンクはにあります》
ページに直接に入った方はこちらをクリックして下さい→ フレームページのトップへ
inserted by FC2 system