#165 - 冷淡と無関心
私はあなたのおこないを知っている。あなたは冷たくもなく、熱くもないが、私はむしろあなたが、冷たいか、それとも熱くあることをのぞむ。しかしあなたは、熱くもなく、冷たくもなく、なまぬるいものであるから、私はあなたを口から吐き出す。
聖ヨハネの黙示録 3:15-16
中道を行くことはできない
あなた方が、私、永遠の御父、そして聖霊の前に出る時、あなた方は裁かれるだろう。もしあなた方が、熱くもなく冷たくもなく、なまぬるいものとわかった時には、私はあなた方をわが口から吐き出し、永遠の滅びの火の中へと追放する! あなた方は中道(middle road)を行くことはできない、わが司牧者らよ! あなた方は人間的価値観に屈服することによってわが羊らをミスリードしてはならない! あなた方は変わってはならない──あなた方は自分の霊魂を売り渡してはならならない。世と取り引きしてはならない。誰も世と霊の両方を持つことはできない。
1975年5月17日 イエズス
無気力
私は母親の引き裂かれた心から言います。数え切れない年月の間、あなた方の国中をあちこちと渡って来ましたが、再び言います。善人は自己満足に陥っています。無気力(lethargy)が彼らの中で始まりました(set in)。私の子らよ、私はこれを全ての真剣さを傾けて言います。悪人はますます悪くなり、善人は自己満足のため、更なる恵みを受けなくなっています。
1978年6月18日 聖母
多く期待される
世界はその壊滅的な道程を続けている。悪は加速している。善人たちの多くは自己満足している。そして無気力(lethargy)が彼らの中に定着した(set in)。わが光の子らよ、恵みの中で満足してはならない。豊かに与えられた者はそれだけ多く期待される。あなた方は働きのペースを緩めることなく前進しなければならない。
1978年6月10日 イエズス
現実的なメッセージ
わが子らよ、自己満足に陥ってはならないし無気力に(lethargic)なってもならない。真理を脇にどけておく暇などない。あれこれの楽観でそれを覆い隠している暇などないのである。わが御母はあなた方のところに「運命」を告げる預言者として来たのではない、しかし彼女は天国から現実的なメッセージを携え、これから地上に起ろうとしている事柄に関する現実的なメッセージを携え、あなた方のところに来たのである。あなた方は彼女に聞かなければならない。わが子らよ、私はあなた方にまことに言う。非常に近いうちに、地上に多くの歯ぎしりと悲痛が置かれるだろう。
1978年9月7日 イエズス
無関心が始まった
私は、これまでわが御母を通して天国から与えられて来た警告を、何度も何度も繰り返す必要がない。御母は岸から岸、国から国へと彷徨いながら、手遅れにならないようにと、必死に、あなた方の心に届けようとしてきたのである。数え切れぬ地上の年月の間、彼女の警告は与えられ、そして斥けられてきた。無関心(apathy)が、多くの者らの心の内で常態となった(set in)。
わが子らよ、あなた方には、耳を閉じてうろうろと歩き回っていられる時間など、もうほとんど残されていないのである。あなた方はわが御母に聞き、それに従って行動しなければならない。人類の罪は正義の懲罰を求めて、贖罪の球の懲罰を求めて、叫びを挙げている。
1978年8月19日 イエズス
何故、何の行動も取らないのですか
両親たち、あなた方は自分の子供がどんな本を見ているかを調べたことがありますか? 彼らの目、霊魂の鏡である彼らの目は、利益やら報酬やらのために売られているポルノグラフィによって汚され、彼らの霊魂は破壊されているのです。いったい何故、私の子らよ、自分の子供たちを護ろうとする行動が少しも見られないのですか? 多くの親たちが苦悩の苦い涙を流して叫ぶでしょう。しかし、その時はもう遅い、もう遅いのです!
私はこれまで、あなた方の世界の至る所を彷徨い、これらの悪を暴いてきました。あなた方がそれらに対して行動できるようにと、あなた方の前にそれらを示してきたのです。しかし、非常に多くの人々が私の言葉の前を素通りし、それに無関心(apathy)でした。
1975年8月14日 聖母
疑い、緩み、無関心
あなた方をその眠りから覚まさせるために、懲罰はどれだけ深刻さを増さなければならないのか? 私達は私達の司牧者たちに、わが羊たちを回復するためにわが御母によって与えられた指令(direction)を実行するようにと求めてきた。しかしそれへの返礼は、わが御母が疑いによって、緩んだ態度によって、無関心(apathy)によって迎えらるということであった。そして多くの者らによって完全に拒絶されるということであった。手遅れになる前にあなた方を目覚めさせるために、あとどれくらいのボイス・ボックスを、私達はあなた方の間に送らなければならないのか?
1976年5月26日 イエズス
そのような親は禍い
家庭は今、信心の拠点にならなければなりません! 家庭は、現在あなた方の世界に解き放たれているサタンの猛攻に対して、子供達のための避難所にならなければなりません。両親は信心と敬神の善き模範とならなければなりません。責任を放棄したり親としての役割において無関心に(with apathy)進んだりする親は禍いです。
1977年7月15日 聖母
行動しない限り
私の子供たち、あなた方は私の御子の神性に対して犯されている罪に抗議しなければなりません。祈りは偉大な武器です、しかし、あなた方が祈ることと共に行動もしない限り、私の子らよ、あなた方はどこにも行き着きません。あなた方は緩み、冷淡に(indifferent)なっています。無関心(apathy)になっています。しかし、善悪の判断がつく年齢に達した者は〔即ち、あなた方の子供も〕、皆、個々にテストされるのです。
1977年11月1日 聖母
警告に対する無関心
私の子、私のためでなく、あなた方の子供達のために泣きなさい。そうです、母親たち、あなた方の子供達のために泣きなさい。彼らこそ真の犠牲者だからです。
私は今まで、あなた方の国で今や地獄の穴のような暗さをもって政府や学校を覆っている──そして今や私の御子の家までをも覆っている──腐敗を取り除くようにと、あなた方にお願いしてきました。しかし、あなた方は私の警告に無関心(apathetic)でした。さあ、どうするのですか? 時間を遅らせるために。
償い、祈り、犠牲──私達はあなた方に祈りをお願いします! 善い霊魂を持った人達は、それ〔試練?〕を大いなる心と勇気とをもって耐えるでしょう。しかし、私の子、暗闇の中に沈んでいる人達を憐れみなさい。
1971年9月28日 聖母
あなた方の国
あなた方はあなた方の国の状態に無関心で(apathetic)あってはなりません。私の子供たち、もしあなた方が懐手をしているならば、あなた方はあなた方の国のあなた方の家から追い出されるでしょう。あなた方は強力な戦線を張らなければなりません、そうです、絆から絆へ、人から人へと、あなた方の国の端から端まで、強力なロザリオの戦線を張らなければなりません。祈りと犠牲です。あなた方の上に振りかかろうとしている事の現実を思えば、これらは何も過重な要求ではありません。
1971年11月20日 聖母
気にかけない
ああ、私の子供達、私はあなた方にこれ以上の何を言うことができるでしょう? 永遠の御父はあなた方を目覚めさせるためにこれ以上の何をなさることができるでしょう? ──無関心な(apathetic)あなた方、破壊されるまでは気にかけない(not caring)あなた方、警告が通り過ぎるのを眺めているあなた方、それが実際自分たちの家の中に入るまでは気にかけない(not caring)あなた方、そして何故自分達がそのようなプロセスを辿っているかを気にもせず、怪しみもせず、問いもせず、ただ水面を進むカモのように行くあなた方、そしてその盲目の中で、盲目的従順の中で、自分自身を破壊に渡し、人間に対する従順によって私の御子の家を破壊しているあなた方!〔しかし〕誰もサタンに従順であってはなりません。
私の子供達、私は、もうずいぶん昔、ファチマからあなた方に警告を発したのでした。私は、世界中至る所で、多くのボイス・ボックスを通して、あなた方に、あなた方が荒海に乗り出さねばならない時が来たと、司教が司教に、枢機卿が枢機卿に対立する時代が来たと、そして、サタンがあなた方の只中に自らを据えるだろうと、警告を発してきたのでした。
1976年11月20日 聖母
避け得るものを
何故、わが助言に対し心を頑なにし、耳を塞いできたのか? あなた方はあなた方自身の破壊に向かって進みつつある。今やあなた方の都市の中に地獄の天使たちが居る。
あなた方の国の人々を奴隷化しようとする計画が、今、編成されつつある。目を見開け、わが子らよ。そして、あなた方の世界が真実どのようなことになっているのかを見よ。御父に背を向ける国は、地獄の父、嘘つきの中の嘘つきに屈することになるだろう。
彼は今、降る雪と同じほどの早さで、霊魂を集めている。あなた方は最大の試練に見舞われるまで、私達に耳を傾けていさえすれば避け得たであろうそれらの試練に見舞われるまで、真理に無頓着な(indifferent)ままであろう!
1972年4月10日 イエズス
あなた方は堕ちるでしょう
私の子供達、地上には二つの勢力しかありません。善と悪です。あなた方は中道(middle course)を行くことはできません。もしあなた方がなまぬるくなるなら、あなた方は堕ちるでしょう。
1977年10月6日 聖母
善人は自己満足に陥っている
わが子らよ、わが御母は父なる神と人類の間の仲介者(Mediatrix)としてそれを引き受けてきたのである。彼女の心は、彼女が人類から受けている拒絶によって常に引き裂かれている。善人は自己満足に陥っており、悪人はますます悪くなっている。そして、善人と悪人の間に、私達は「あまり気にかけない人々」をも持っている。熱くもなく冷たくもなく、なまぬるい人々である。そして、最後の審判では、なまぬるい人々もまた追放されるであろう。
1978年12月7日 イエズス
自分の道を決めなさい
大きな戦い(war)が先に待ち構えています。その闘い(battle)では多くの武器が必要とされるでしょう。あなた方は二つの側のいずれかに分けられるでしょう。それらの中間の道の上には何も残らないでしょう。あなた方はなまぬるい者でいることはできません。ただ私の御子に対する愛に燃やされ、それによって彼を防衛しなければなりません。あなた方はあなた方の行く道を決めなければなりません。すなわち、世か天か、です。両方持つことはできません。
ほかに拠り所(recourse)はありません。あなた方は皆、生来の良心を与えられています。あなた方はサタンの計画を拒絶しなければなりません。彼があなた方に与える餌〔ルアー、擬似餌〕に屈してはなりません。あなた方の世界は、サタンとそのエージェント達の遊び場になっています。あなた方の世界は暗闇に包まれています。私達の教会も暗闇の中にあります。しかし、私達は今も光を運んでいます。そして、私の子供達、私に従う人は、皆、暗闇の外へと導かれるでしょう。
1972年4月1日 聖母
規律を回復しなさい
あなた方の私生活の中に規律を回復しなさい。私の御子の教会の中に規律を回復しなさい、まだ時間のあるうちに! ああ、私の子供達、私は、あなた方の事情を永遠の御父に弁明しながら、あなた方の前に立っているのです。懲罰の重い手が人類の上に置かれるでしょう! 私の光の子供達の多くは、なまぬるい人々を救うために、多くの償いと犠牲を求められるでしょう。
1976年12月24日 聖母
自由意志
誰も永遠の滅びを強要されはしない。誰も、自分の自由意志によって倒れない限りは滅びない。人間は、自分の体、自分の世俗的な性質に餌を与えようと物質的な事柄を追い求めるために、堕落し、なまぬるくなったのである。それによって自分の霊魂を飢えさせているというのに。たとえ世のあらゆる富を集めたとしても、天に宝を積むことがないなら、そこにどんな益があるだろう。あなた方は、愛と祈りによってのみ、ヴェールを越えることができるのである。
1978年3月18日 イエズス
多くの仕事
私の子供達、霊魂を救うために為さねばならない多くの仕事があります。あなた方は今、あなた方の国中を足で回らなければなりません。何故なら、私の子供達、あなた方の国には別の者らが居て、多くの偽預言者らが居て、彼らも足で回っているからです。あなた方は彼らの後を追い、彼らによって汚染されてしまった人々の霊魂を回復しなければなりません。私がこう言うのは、私の子供達、彼らが、あなた方が “なまぬるいカトリックの兄弟姉妹たち” と呼ぶかも知れない人々を捕え、その人達を煉獄、あるいは地獄の門にまで運び去っているからです。
1978年9月28日 聖母
そこに留まり、戦いなさい
ああ、私の子供たち、本当に天国から涙が降っています! 私の御子の家の内側のユダたちが増えています。そして、信仰の弱い人達はなまぬるくなり、流れに沿って下流へと向かうカモのようになっています。自己破壊に導くだけのリーダーたちに従って。
祈りなさい、私の子らよ。あなた方の司牧者たちのために絶え間ない祈りの不寝番をしなさい。私の御子の教会を捨ててはなりません。そこに留まり、模範と祈りとをもって戦いなさい。
1976年10月6日 聖母
なまぬるい人々と背教者たち
私の御子がかつて神殿から盗人たち(thieves)を追い出さざるを得なかったように、おお、司牧者たち、彼はやがてあなた方のところに来て、あなた方を追い出すでしょう! あなた方を彼の家から放り出すでしょう! おお、信仰少なきあなた方、あなた方はネズミのように、私の御子の教会の基礎部分に穴を開けています! あなた方はあちこちと走り回り、平和、愛、兄弟愛を叫びます! しかし、平和は来ないことでしょう、愛は来ないことでしょう、兄弟愛は来ないことでしょう、そこに信仰と伝統と真理がない限りは! あなた方は伝統と真理を分けたがっています。しかし、あなた方は、なまぬるい人々と背教者たち以外、何を持っているというのでしょう!
1976年10月2日 聖母
あなた方はどうするのか?
騙されてはならない、わが子らよ。嘘つきの父によって騙されてはならない。共産主義、無神論、サタニズム、不可知論などの旗のもとに集結する軍隊を興しながら彼がしている欺きによって騙されてはならない。そして、あなた方の国と世界とを奴隷化しようとして彼らが昼夜の別なく権力と兵器を集めようと働いているこの時、あなた方はどうするのか? あなた方はヒナギクを摘みながら野を行く子供のようである。上機嫌に、自分の人生の道の上にあるものにウキウキとして──ドラッグ、アルコール、そして不正な媒体によって創出された夢などにウキウキとして──どんどん前に進んで行く子供のようである。
1977年4月2日 イエズス
それについて何かしなさい!
私の心は既に悲しみで引き裂かれています。現在あなた方の国と世界の至る所で勢いづいているその醜悪な機械〔テレビ?〕によって、多くの両親たちが自分の子供たちを奪われているからです。私の子供達、その悪を認識しなさい。それについて何かしなさい! 懐手をして「私の周囲の人達がどうにかするでしょう」と言ったり、「それは私に関係ない」などと言ったりしないで下さい。私はまことにあなた方に言います、あなた方が今行動しなければ、それがあなた方の家庭の上に振りかかってしまってから行動せざるを得なくなるでしょう。
1977年11月21日 聖母
グループ
あなた方はグループごとに並べられるでしょう。一つは、嘲笑者たち(scoffers)です。真理を知ろうとすること、探そうとすることに、どんな関心も、どんな望みも、どんな欲求も持たなかった人達です。もう一つは、なまぬるい人達(the lukewarm)です。助言に従って行動することに、どんな関心も、どんな信仰も、どんな望みも持たなかった人達です。そして最後に、善き霊魂たちの軍団があります。光の中に居り、前進する人達。彼らの人間としての体に有るありったけのエネルギーを振り絞り、その疲れた唇と体から絞り出せる限りのあらゆる祈りをもって前進し、悪と戦う人達です。
1977年11月21日 聖母
警戒せよ
人々、その多くはなまぬるい者たちである。最初、彼らは大きな心と共に来る。しかし、天国からのメッセージを聞いた後、彼らはどうなるか? 地上の愉しみと肉の快楽に心を奪われるのである。私はあなた方に、そのような物事の進み方はサタンが望んでいることだと知ってもらいたい。彼らは見ている、そしてあなた方が罪に落ちる時を待っているのである。罪とは肉の快楽である。人はこの戦いに勝利すべく招かれている。しかし、その戦場はサタンが我が物顔にズカズカと歩き回っている場所である。
あなた方は警戒を怠ってはならない。彼らにはあなた方を熱狂信者と呼ばせておけ。彼らにはあなた方を破壊しようとの試みをさせておけ。彼らに向けるべき言葉はただ一つである。「私は目を天国に向けています。あなたは?」
1984年4月14日 イエズス
2011/07/11
《ページ移動のためのリンクはにあります》
ページに直接に入った方はこちらをクリックして下さい→ フレームページのトップへ
inserted by FC2 system