#276 - 心を清く [1]
目は体の灯である。もしあなたの目が澄んでいれば、あなたの全身が明るい。しかし、あなたの目が悪ければ、全身が暗い。もし、あなたの中にある光が闇であれば、その暗さはどれほどだろうか!
マタイ 6:22-23
汚れなく神聖な思い
全天国は、待機しつつ、戦いを注視している。霊魂の堕落に関しては、自由意志における人間自身の決定に委ねられている。
私達は、私達の子供の一人たりとも地獄の穴に落ちることを望まない。だから、あなた方の霊魂をよく護りなさい。わが御母があなた方に与えてきた鎧──祈りの鎧、償いの鎧、犠牲の鎧──を用いなさい。わが子らよ、あなた方の霊魂を暗闇の中に導くあなた方の世界の事物を放り捨ててしまえるようになりなさい。あなた方の心(minds)を汚れなく神聖な思い(thoughts)で常に満たしていなさい。何故なら、それが邪悪な霊の侵入を防ぐための要点だからである。
1972年9月28日 イエズス
あなたの心と思いを私達に向って高く上げなさい
私はあなたの心に恐れを染み込ませたくはありません。しかし私は、私の母としての愛する心から、あなたの愛する霊魂達を私達のもとに連れて来なさい、直ぐにでも連れて来なさいと、あなたに勧めずにはおれません。
私の子、私はあなたを放っておいているわけではありません。[聖母は一歩退かれる]私はあなたとの間に一定の距離を保っているのです。
私の心は重く沈んでいます。私は、私の血の最後の一滴までが、私の心臓から出て行ってしまったかのように感じています。そして、私の御子の御血は、既に杯をいっぱいに満たしています。私の子、私は今、あなたが定期的なヴィジルを保つことを望みます。私はあなたを導くために常にあなたと共に居ます。
私の御子は、あなたを御自分のメッセンジャーになさいました。そして私達も、これを期待します、すなわち、私達が私達のボイス・ボックスとしてのあなたに託した愛のミッションを、あなたが遂行することを。あなたの目には、私達があなたから離れているように見えるかも知れません。しかし、あなたがしなければならない全ては、呼び求めることです。あなたの心と思いを、私達に向って高く上げなさい。私達は常にあなたと共に居ます。この先の日々においても。
1971年3月24日 聖母
心(mind)は悪しき者が侵入する主要ゲートである
私の子供達、自分の心の中に汚れなく神聖な思いを保つことを覚えなさい。何故なら、あなた方の精神は、悪しき者が侵入する主要ゲートだからです。そうです、その者は、あなた方の中に侵入しようとして両側に立っています。
この戦争は既に進行中です! 戦争においてはあらゆる防壁が崩され得ます。その邪悪な者は最も卑劣な企みを用います。評判を落して破壊するという方法です。彼は狡猾であって、たびたび自分を光の天使として誇示します。恩寵の光を得ていない限り、あなた方は真理に関して盲目であることでしょう。どのようにして彼らを認識しますか?〔恩寵の光を得ていない限り〕あなた方は正しい事と間違った事との間で混乱するように導かれ、ついには暗闇が、盲目が、あなた方をさらって行ってしまうでしょう──新たな犠牲者として。
鎧を身に着けていなさい。あなたのロザリオ、あなたの首に掛ける十字架像を。さもなくば、あなたもまた、破滅の人としてのスタンプを受けることになるでしょう。
1971年5月30日 聖母
あなたの思いを永遠の御父に向けよ
地獄への道はたびたび善い意向によって舗装されて来ました。これを覚えなさい、私の子供達、祈らない限り、あなた方は光の中に留まることはできません。あなた方は、あなた方の会話、あなた方の思いを、常に、あなた方を護り、あなた方を導く永遠の御父と天国の有力者達の方に向けていなければなりません。事柄があなた方の不滅の霊魂の状態に関わるものである場合、人間に助言を求めようとしてはなりません。何故なら、真理に関してあなた方に助言し得るどんな人間が地の上に残っているというのでしょうか。非常に僅かです、私の子供達。司牧者達、羊飼い達は、私の御子の御前に立つのでしょうか。彼らはそこで、自分達の教えは御子の御目から見ても純粋なものである、と言うのでしょうか。御子は彼らを害獣になってしまった者として、毒蛇になってしまった者として、外に放り出し給うでしょう。彼らの多くの者は、より高い位置を得るために(to get to the head)自分の霊魂を売り渡してしまっています。一体どんな意味があるでしょう、おお、司牧者達、羊飼い達、もしあなた方が、あなた方の世界の、地上のあらゆる宝を集め、手に入れたとしても、あなた方がヴェールを越えて来た時、天国に蓄えられた宝を何も持っておらず、裸になるならば、一体どんな意味があるでしょう。その時あなた方は、永遠に続く死の王国に追放されるでしょう。
1977年8月5日 聖母
あなたの思いを常に天国に向けていなさい
わが子らよ、祈りの不寝番〔警戒;vigilance〕を常に保ちなさい。あなた方の思いを常に天国に、永遠の御父に向けていなさい。あなた方の天使に、あなた方を護ってくれるように頼みなさい。わが子らよ、彼らは見えざる支えである。祈りなさい、あなた方の保護者に、あなた方の聖人達に祈りなさい。彼らはわが面影を、あなた方の間から取り除こうとしているのである。わが子よ、説明しなさい、それはわが顔である、彼らはわが面影を取り除こうとしている、それは何故か? それを視界の外に、心の外に置くためである!
1977年8月5日 イエズス
目は霊魂の鏡である
それ故に、わが子よ、人類に、サタンは人類を騙し、その善き性質を低下させるために、人類の目の前に多くの物を据え付けて来たのだということを知らせなさい。サタンは、彼から送付される視覚教材を通して、人類に堕落を蒙らせ、彼の内なる光の破壊に与らせるであろう。
1975年6月18日 イエズス
心の内に汚れなく神聖な思いを保っていない限り
あなたは天国に入ることはできない
それは、一人の母親としての私の心をとても悲しませます。私は本当に、大きな悲しみ・・・大きな悲嘆を持った母です。それは、私の子供達が、サタンのあらゆる罠に屈し、彼ら自身を肉の欲に渡してしまっているのを見るからです。異教、猥褻、裸、そうしたものが何でも、あなた方とあなた方の子供達の上に起ります! 心の内に汚れなく神聖な思いを保ち、体を清く保っていない限り、あなた方は天の王国には入ることはできません! あなた方の体は、あなた方の永遠の霊の神殿です! あなた方の目は、あなた方の霊魂のための鏡です!
あなた方は何故、あなた方の子供達の霊魂を破壊する忌まわしき物を、あなた方の家に置いているのですか? あなた方は何故、あなた方の神の記念物(monuments)を持っていないのですか? それらの記念物を家に持ち続ける人は、皆、救われることでしょう。
1974年7月25日 聖母
あなた方の子供達を護れ
善き霊の光のうちに留まる者は、皆、恐れるべき何物も持たないであろう。あなた方は堅忍をもって、この先の日々を進んで行かなければならない。最後まで貫く者は、皆、救われるであろう。
あなた方の家々で、世界中において、絶え間ない祈りの警戒を保ちなさい。祈りの力は偉大である。悪魔らは、絶え間ない祈りの警戒のある所からは、逃げざるを得ない。
あなた方の心のうちに、汚れなく神聖な思いを持ち続けなさい。何故なら、目はあなた方の霊魂のための鏡だからである。あなた方は両親として、規律の模範、信仰の模範、そして純粋の模範とならなければならない。あなた方は蒔いた通りに刈り取るであろう。
繰り返すが、この先、今やあなた方の地上に緩められている悪の諸勢力によって、あなた方の地の上に多くの悲痛が起るであろう。それらをしるしとして認め、その認識に従って行動しなさい。あなた方の子供達を護り、あなた方の家庭を護り、そしてとりわけ、あなた方自身も闇の中に導かれることのないように祈りなさい。
1976年12月28日 イエズス
聖像は回復されねばならない
聖像、記念物は、神の家に回復されねばならない。何故なら、目と精神を通して入って来るものは、心の啓発あるいは汚染に通じるからである。汚れなく神聖な思いを、常にあなたの心に取り込み続けよ。何故ならば、それは邪悪な諸霊が入り込む中心通路であるからである。
1973年11月24日 イエズス
慎ましさが保持されねばならない
慎ましさが保持されねばならない。慎ましさが若者達に教えられねばならない。汚れなく神聖な思いを、あなた方の心の中に、またあなた方の子供達の中に保ちなさい。何故ならば、あなた方の目はあなた方の霊魂の鏡でもあるからだ。
1977年5月18日 イエズス
敬神の模範となりなさい
人は私の御子の家から逃げ去ってはなりません。多くの悪、多くの腐敗堕落が、多くの者らの中に入りました。私の御子の教会も例外ではありません。しかしながら、このような時が来ることは、予定され、運命づけられていました。人間は、テストの一つとして、この厳しい試練を通過しなければなりません。腐ったものは落ちるでしょう。羊は山羊から切り離されます。
私の子供達、私はあなた方に、サタンによって与えられたあなた方の世界から退くようにと求めます。あなた方の精神と心に、汚れなく神聖な思いを保ちなさい。あなた方の子供達のために敬神(godliness)の模範となりなさい。何故なら、この先の日々において、多くの者が集められるからです。多くの者は、王国に入る準備もないままに、取り去られるでしょう。
私の警告は、あなた方の地上の多くの地域で、顧みられなくなりました。私は、多くのドアが私を拒んで閉じられるのを見ました。このことは、本当に、天国から涙を、雨と降らせます。
1973年10月6日 聖母
厳しい戦い
あなた方の心の中に、汚れなく神聖な思いを保ちなさい。他のものはみなサタンの創造物です。あなた方が地上の肉体に留まる限りは、あなた方は闇の諸勢力と厳しい戦いを戦う他ありません。この暗闇の中、光を運びながら、勝利に進みなさい。私の御子はあなた方に光を与えました。ですからあなた方は、この暗闇の中、キャンドルとして前進しなければなりません。
1974年4月13日 聖母
心の純粋
私の子供達、人間の霊魂を地獄に運命づける多くの非道行為と残忍性に関しては、私が何度言っても、くど過ぎるということがありません! 心の純粋のうちに、精神の純粋のうちに、信頼をもって私の御子のもとに来ることによって、あなた自身を贖いなさい。信じなさい、そうすれば、あなたは道を得るでしょう。
1974年9月13日 聖母
子供達の霊魂を心から大切にせよ
わが子らよ、真理の中の諸事実 [2] を受け入れよ。私はそれを、あなた方のために、命の書、あなた方の聖書の中に全て書いておいたのである。しかし、あなた方は、不潔な読み物とポルノ以外に、何か読んでいるのか? そのようにしていては、あなた方は自分の霊魂を救うことはできない。そのようにしていては、あなた方はあなた方の子供の霊魂までも天国から奪うのである。
両親としてあなた方は、子供達の霊魂を心から大切にしなければならない。彼らの霊魂が、善良さ、神聖さ、純粋さにおいて、いつも輝いているようにしなければならない。幼い年齢の子供達でさえ、その多くが、この純粋さを奪われている。若者達から呆れられるような者は禍い!
わが子らよ、わが御母が地上へのルシファーの到来をあなた方に警告した時、彼女はあなた方に、人類の上に及ぶであろう彼の進攻と彼の計画に対して準備させたのである。あなた方は彼女の助言をもう一度読み、それに沿って行動しなければならない。そして私はあなた方全てに言う。全ての者達のために、祈り、償い、犠牲をしなさい! 何故なら、命の書、聖書の中に書かれてある時が間近だからである。黙示録、聖ヨハネが文字に書きつけた言葉を読みなさい。それによって学びなさい。読むに際して知識を授けてくれるようにと、聖霊に導きを願いなさい。
1978年8月5日 イエズス
子供達は柔らかな花のようである
私の子、そして私の子供達。私はこれまで、多くの名のもとに、あなた方のところを訪れてきました。しかし、私はあなた方に、私のことを “恵みの母” として認めて欲しいのです。何故なら、それが、私が今あなた方のところに来ている目的をよく示しているからです。私の子供達、その目的とは、あなた方がこの地上において純粋と堅忍の状態に留まるために必要な恵みを、また、真理をよく知るために必要な恵みを、あなた方に与えることです。それらがあなた方を導き、あなた方を天国に通ずる狭い道の上に留まらせることができるようにです。
私の子、そして私の子供達。多くの奇跡的な写真は、あなた方に唯物的な世界の中で幸福を買おうとしてうろつき回ることが如何に無駄であるかを悟らせようとして、あなた方に与えられてきました。あなた方は幸福を買うことはできません。何故なら、幸福とは、私があなた方に何度も言ってきた一事、すなわち、人間の精神は真理の生活から生ずる利益によって護られ育まれなければならない、という知識にあるからです。それは聖書の知識、昔も今も将来も変わらぬ聖書の知識です。
私の子、そして私の子供達。あなた方はあなた方の司祭に、御子の教会における昔の教父達に由来する物語(stories)についての解説を求めるかも知れません。しかし、彼らの神学校が謬説によって汚染されてしまっている今、彼らがあなた方に真理について語ることができると思いますか? 母親達は私に哀訴してきます。私は彼女達の祈りを全て聞いています。彼女らが自分の子供達を救おうとして天国に上げる祈りを。では、彼女らは何処で、子供達に教えるべき真理の知識を見つけることができますか? それは現在、熱心な母親と父親、そして規律にかかっています。子供達は、茎がちゃんと成長するように養分を与えてあげなければならない柔らかな花のようなものです。そして彼らの顔、彼らの顔の純粋さは、天国に向って上げられなければならず、生命の果実によって養われなければなりません。
1985年9月14日 聖母
あなた方の子供達をよく準備しなさい
あなた方の子供達をよく準備しなさい。そうすれば、彼らはあなた方の心に悲しみを運ぶことはないでしょう。子供達は柵の中に戻らなければなりません。子供達は両親を尊敬しなければならず、年長者を尊敬しなければなりません。そして子供達は心の純粋さと精神の純粋さの中に留まらなければなりません。しかし、このようなことは、今のあなた方の世界に欠如していると私達が知るところのものです。あなた方の子供達の純粋さは破壊されてしまっています!
両親達は今、子供達の生活の中に信仰を保つべく奮闘しなければなりません。あなた方は子供達の救霊に関して責任を引き受けなければなりません。彼らを教えなさい。彼らを準備しなさい。彼らが家庭の快適と安全を離れた時にサタンの攻撃の厳しさに耐えることができるように、彼らを強めなさい。あなた方の司祭達があなた方を導くことができると期待してはなりません。彼らの多くが次々に暗闇の中に落ちています。彼ら自身がそこから救い出されなければならない状態にあります
1976年12月28日 聖母
完全なる奉献とは純粋への道である
わが子よ、完全なる奉献とは、純粋(purity)への、聖別されてあること(sanctification)への、聖人であること(sainthood)への道である。多くの終末の世における聖人達が作られるであろう。しかし、わが子よ、それには代価があるのである。棘が、耐え難く、あなたを切り裂くようになる時、これを思い出しなさい。
1978年11月20日 イエズス
子供達の純粋さが損なわれている
両親はその子供達を保護しなければなりません。彼らの純粋性、彼らの心の質が、彼らがごく幼い時から損なわれているからです。子供時代──しかし今や、邪悪な専制君主と多くの国の政府指導者達の採る方法によって、子供達はもはや子供達ではなく、ロボットか奴隷かのように導かれるべきものとされています。
1979年8月14日 聖母
永遠の御父は心の内をご覧になる
恩寵は、祈りと、他者のためにする償いの行為とによって、稼がれ、集められ得ます。従って、これらの恩寵を得ているあなた方は、あなた方の兄弟姉妹に対して大いなる責任を持っています。あなた方は懐手をしていてはならず、自分が贖われたことを鼻に掛けてもなりません。それは御父の怒りを呼びます。あなた方は、恩寵を棘によって稼がなければなりません。従って、あなた方は祈りと犠牲とによって、あなた方の障害を克服しなければなりません。
あらゆる準秘蹟が、鎧として身に着けられなければなりません。準秘蹟の中で、装飾的な目的のために与えられたものは一つとしてありません。それらは必要の時にあなた方が身に着けるべきもの、そして、あなた方をサタンの侵入から護るためのものです。
人は自由意志を持っており、それ故、いつでも自分の鎧を投げ捨てることができます。それを投げ捨てても、世の面前で、純粋と神聖さの絵を描いて見せることができるかも知れません。しかし、御父はその者の心の内を見ておられます。事の真実は、あなたの心の中に描かれていることでしょう。
1973年3月24日 聖母
永遠の御父は謙遜で純粋な者をお選びになる
稀な場合と状況において、御父は、ごく普通の被造物が世界のための目として働くことが必要と考えられます。それが、私が、謙遜な霊魂、心に子供の純粋を持つ人達を選びながら──疑うことも [3] 、天国におられる自分の神を退位させようとすることもない人達、真理、教義、伝統に対して従順である人達を選びながら──人類のための緊急の警告を与えるべく、地上の多くの国、多くの民族を訪ねる私の旅を始めた理由です。
1977年11月21日 聖母
この脆い花 − 子供
私の子供達、私は、私の聖地を「薔薇の庭園」と呼ぶことにしました。薔薇は花の中で、純粋性(purity)と神聖性(divinity)の完全な象徴です。
地上に生まれて来たそれぞれの霊魂は、私の子、その茎が成長し強くなるように、そして幼い花の顔が光を受けようと上を向くようになるように、きれいな水で育てなければならない花のようなものです。私達は、それぞれの両親に、この脆い花 − 子供 − に関して、信任を与えているのです。
私達は、多くの家庭で嫌悪すべき諸々の事が行なわれているのを見て、天国で非常に悲しんでいます。暗闇が多くの家庭の中に居据わってしまいました! 全ての両親達は、心を開き、彼らの家庭の中を客観的に調べなければなりません。あなた方の家庭を適切に設けていますか? あなた方の子供達にあなた方の神に関する知識を与えていますか? あなた方の家庭から、サタンによって置かれた忌まわしい物を排除していますか? 悪の箱、あなた方のテレビ、退廃の、倒錯の書物 − ポルノグラフィ − などを? そうです、私の子、驚かないで下さい! 多くの親達がそれらの嫌悪すべき書物を読んでおり、その子供達に悪い模範となっているのです!
1974年12月28日 聖母
御父の王国では純粋性が支配している
もしあなた方が、あなた方の地上の生活において純粋性(purity)を目標としないならば、あなた方は光の王国に、御父の王国に入ることはできません。そこでは純粋性が支配しているからです
1975年10月2日 聖テレジア
教師達はあなた方の子供達から心の純粋さを奪っている
私は両親達に言う。全ての幼い子供の両親達、あなた方は、すっかりサタンの手に渡ってしまっている世界からあなた方の子供達を守るために、真剣に努力しているだろうか? あなた方は、学校の教師達があなた方の子供達に性のふるまいを教え、あなた方の幼い子供達から心の純粋を、年若い者達からその無垢(innocence)を奪っている時に、何をしているのか? あなた方は何をしているのか? ただ彼らにやらせておくのか? 両親達、あなた方は「それは私達の子供達には影響しないだろう」とでも言うのか? 世界の子供達、幼い子供達、三歳とそれ以上の子供達、更には三歳に満たない子供達にさえ、何が起こっているかを見なさい。
私は、この聖なる場所において、幼い子供達に対して犯されているそれら全ての忌まわしき事を、それそのままに口に出すことはできない。しかし、わが子らよ、私はあなた方に言う。それは起っているのだ。
善き心と正しい精神を持った人々にとっては、この世はまるで「狂って」しまったかのように感じられるものである。そう、わが子らよ、私は「狂って(crazy)」という言葉、また「狂気(insanity)」という言葉を使わねばならない。罪が狂気であるとは、わが御母が常にあなた方に語ってきたところのものである。
1985年11月1日 イエズス
保護
わが子らよ、両親達よ、あなた方はあなた方の子供達の霊魂を護り、保護しなければならない。あなた方はあなた方以外の誰かがこれをやってくれるだろうと期待することはできない。両親としてあなた方は、あなた方の子供達を教え導くことを、神から信任されているのである。あなた方の世界の中にあっては、この汚染された人類、堕落した世代と共にあっては、幼い子供達は彼らの心の無垢を保つことができない、彼らの慎みと意図の清さを保つことができない。幼い子供達は、不潔と腐敗の中で、また、あなた方の神の掟が破壊された中で、教育されているのである。禍い! 禍い! 年若い者を汚す者は禍いである! そのような者は母親の胎の中で死んだ方が良かったであろう!
1977年2月10日 イエズス
あなた方の子供達を汚染源から引き離しない
私の子供達、これらの準秘蹟の価値を知りなさい。あなた方の子供達をよく護りなさい。あなた方は、自分達はこれらの準秘蹟なしでは護られることはできないと覚らなければなりません。あなた方の子供達の霊魂を護りなさい。彼らは純粋の雰囲気に取り囲まれていなければなりません。必要とあらば、彼らを、汚染源──あなた方の学校であれ、偽の司牧者であれ──から引き離しなさい。小さな唯一つの霊魂の破壊であっても、御父にとっては胸の張り裂けるような悲痛ではありませんか? 取り戻された小さな唯一つの霊魂の価値は、天国に上げられた全聖人の価値をも凌ぎます。ですから、私の子供達、あなた方の子供達のことでは十分注意して下さい。彼らの霊魂がサタンに渡ってしまった時に苦しむのは、あなた方なのです。
1974年2月1日 聖母
天国の女王の模範
世界は天国の女王の模範に倣わなければならない。謙遜、心と意向における清さ。
1973年12月7日 聖ミカエル
管理人注
[1] 原題は「PURE AND HOLY THOUGHTS(汚れなく神聖な思い)」
[2] ここで言う「真理の中の諸事実(the facts in truth)」とは、たとえば地獄や煉獄など、真理の中の、真理に含まれる、「事実性」に関するの事のようです。参照:August 5, 1978
[3] 疑うことは必要である。しかし要するに、「聖母」のこれも「言葉」である。言葉の表現である。人間達が神の通信に対して、神の表わされるしるしに対して、ほとんど疑ってばかりで容易に信じないのは(その例はルルド、ファチマだけで十分である)、信ずる者が非常に僅かなのは、天国に全般的な深い嘆きである。
2010/02/20
《ページ移動のためのリンクはにあります》
ページに直接に入った方はこちらをクリックして下さい→ フレームページのトップへ
inserted by FC2 system