2006.04.23

司祭と面談 3

私は教会に入り立てで、まだ勉強が足りないのかも知れないけれども・・一般の目から見ればですね、やっぱりその、教皇庁が「本社」で、各国の司教団が「支社」に見えるわけですよ。
司祭
それが根本から違うわけよ。
それが違っているわけ?
司祭
違う。だって、ローマにいる枢機卿さん達、いわゆる閣僚というのはどこから上がって行ったかって言ったら、皆その国から上がって行ってるわけよ。
そりゃそうですよ。しかしね、今迄同僚だった人間が部長になったら、私はその部長に従いますでしょ? 支社から昇進して本社の何かになって、その人がかつての同僚であった私達に対して指示、命令を与えるのは当然なんです、世間では。教会では違うわけですか?
司祭
違う、違う。
どういう関係なんですか?
司祭
うん、だから使徒継承の教会さ。札幌の司教様も使徒継承の司教として、権限を持っているわけ。
うん、つまり私が言っているのは・・司教の権限っていうのはね、教皇庁の権威権能よりも下であるということじゃないんですか?
司祭
教皇庁の権能って、何。
全世界の教会を統べるために・・
司祭
もう、その集まりが世界の司教なんだ。
教皇庁っていうのはね、そういう指導性の、権能権威において、各国の司教協議会と並列なわけですか?
司祭
並列。おんなじ、おんなじ。そこから・・
並列なの?
司祭
そんなのトップじゃないんだよ。
え?
司祭
だって、司教団なんだよ、司教団。
ではね、何故ね、何故一般に、カトリック教会の中心はあそこだと考えられているんですか?
司祭
そりゃまあ、あそこのローマの教皇様、あそこでペテロの後継者が、十二使徒の後継者として、あそこに居られる、そして世界の教会を導いて、指導し・・
十二使徒の後継者ということでは札幌の司教様も同じ・・
司祭
同じ。
だけど、同じだったらどうしてね、並列ではないんですか? 一般に。
〔つまり一般的には確かにそう見えているわけですから。〕
司祭
何が。
ベネディクト16世様も札幌の司教様も並列だとすれば・・
司祭
司教団のかしら、ペテロは十二使徒の、同じ十二使徒の仲間だ。同じ権威だ。そのリーダーだ。かしらだ。
リーダーっていうのは、権能が一つ上っていうことですよね。
司祭
違う、違う。権能じゃない。権能は十二使徒の権威、教会の権威。ペテロの権威じゃないんだ。
ペテロは特別ではない?
司祭
ペテロじゃない。特別じゃない。ないないない。
特別じゃないわけ? ペテロは。
司祭
ないないない。そう。
まったく他のアンデレとかヨハネとかと一緒?
司祭
そう。だから教皇様は「私はローマの司教です」と。・・ローマの司教です。
もちろん。
司祭
そして、カトリック教会の最高責任者。
ん?
司祭
ペテロの後継者として。
???
〔さっき「権能においてはペテロはアンデレやヨハネと一緒だ」とおっしゃったのではないか?〕
「最高」ってどういう意味ですか? 教会の最高責任者?
司祭
そうだよ。
???
〔どういうことだ? 論理が通っているのか? 目が白黒してしまう・・〕
誰がですか?
司祭
教皇。
???
教皇が? 札幌の司教様も最高責任者?
司祭
札幌教区の最高責任者。
札幌教区は世界の教会に含まれるから、世界の教会を治めている教皇様が、やっぱり札幌の司教様より上の立場の方じゃないですか?
司祭
立場ってどういう意味さ。あなたが言ってるのは。
たとえば教会の中で、何か問題が、考えるべきこと、たとえば両形態の聖体拝領のやり方の問題などがあった場合に、教皇様がその司教区に対して、「改めなさい」、これは命令、「改めた方がいいと思いますから、検討しなさい」、これは忠告。そういう形の言い渡しというか、メッセージの出し方を、教皇庁が各国の司教団に対して言えないんですか?ってことです。私が訊いているのは。
司祭
だから教会法っていうのがあるんですよ。そこにミサについての・・
だからね、一般の法廷でも争われると同様に、文言の解釈っていうのがね・・法律っていうのは完璧じゃないから、いちいちいちいち現実の具体的な事象について決めているわけじゃないでしょ。
司祭
決めている。ローマで決めてるの。一つずつ決めてるの。
ええ、ある程度ね。
司祭
いや、どうして「ある程度」なの。決めてるの。
これを読んだ神父様方の中に、「自分ならもう少し上手く言える」と思う人も居るかも知れない。「この神父様は言い方がちょっと・・・」と。
しかし、それは違う。確かに彼の場合、「言い方」が、何と云うか、乱れているけれど、なおここにあるのは「言い方」の問題ではない。ここには第二バチカン公会議後の教会に固有な問題があるのである。次を参照して下さい。シスターも「いったい、どっち?」と思わざるを得ない。参照
なお、振り返ってみれば、この頃の私は「権威」「権限」「権能」などの語の区別がついていない。しかしこのことは、この司祭の考えの面妖さを知るためには障害にならないと私は思う。全体を眺めて頂きたい。
《ページ移動のためのリンクはにあります》
日記の目次へ
ページに直接に入った方はこちらをクリックして下さい→ フレームページのトップへ
inserted by FC2 system