2011.05.15

おかしな教会は少なくない

こういうことを追って行くと書くことが尽きない、まだまだ難局にあるカトリック教会である。しかし、簡単に済ます。
サン・ジョヴァンニ・ロトンドの新しい教会
これもまたヴィラ神父様の Chiesa viva によって気づかされたことなのだが、偉大な聖人である聖ピオ神父様のサン・ジョヴァンニ・ロトンド、ここにもまた妙な新教会ができているらしい。
聖なる場所はサタンが特に目の敵にする。ファチマの新聖堂と同じだ。
まるでスタジアムのようだ。
ピオ神父の御像はある。しかし御像さえあればいいというわけじゃない。
トリエント・ミサの入り込む余地のない祭壇
見よ、この無機質な、抽象的な、「ゲージツ的」な十字架。
ロサンゼルスの新しい教会
焼死体のような磔刑像
敵は教会の中に醜悪なものを置きたがるのではないだろうか。
「芸術」の名の下に。
シカゴ・カテドラル
最近火災に遭った。死者や負傷者は出なかった模様。火災に遭って却って良かったのかも知れない。詳細(教皇座空位論者のものだけれども)
参照
Chiesa viva『聖ピオ神父に捧げられた新教会はメーソンの寺院か?』
《ページ移動のためのリンクはにあります》
日記の目次へ
ページに直接に入った方はこちらをクリックして下さい→ フレームページのトップへ
inserted by FC2 system