2015.01.14

文章詐欺 = Reality詐欺 Part 1

一見すると問題ないようだが、よく見ると現実的でない。
文章にもこれと似たものがある。

 上の絵はエッシャー作の「Belvedere(見晴し台)」である。
 この建物は一見すると問題ないようだが、よく見ると現実的でない。何が「現実的でない」かと云うと、建物各部(梁やコーナー)の「連結の仕方(つなぎ方)」が現実的でないのである。これは「非現実的な構図」である。しかし、パッと見にはそれと分からない。ウッカリすると、人はこれを現実的な情景と思ってしまう。

 そして「文章」にも全くこれと同じようなものがあるのである。
 実例を見てみよう。

次へ
日記の目次へ
ページに直接に入った方はこちらをクリックして下さい→ フレームページのトップへ
inserted by FC2 system