2015.07.07

本田哲郎神父の "ミサ" がテレビ放映

パソコンを新調しました。

さて、取り急ぎお伝えしておきます。
あの本田哲郎神父の "ミサ" の模様がNHKで放映されます。

と云うか、既におととい5日に放映されたのですが、今日から四日後の7月11日(土)にも再放送される予定なのです。

【再放送予定】 NHK Eテレ 7月11日 13:00~14:00
こころの時代~宗教・人生~「釜ヶ崎で福音を生きる~神は小さくされた者の側に~」【出演】カトリック司祭…本田哲郎  参照・NHK

もちろん、この番組は、特に本田神父の "ミサ" に焦点を当てたものではありません。本田神父の生き方・考え方を紹介する中で、合計で1分程度、彼の "ミサ" の情景を映し出したに過ぎません。しかし、私には1分間で十分でした。幾つかの事を確認するために。

今、一つだけ言っておけば、彼が配布しているパンは四角いものでした。

後で、この事と或る記事との符号を見ましょう。

注)しかし、私の主要な関心はむしろ本田神父その人ではありません。「本田神父は問題ではない」などとは言える筈もありません。しかし、逸脱する司祭は、まあ、言ってみれば、残念ながら、どの時代にも避け難く出現するものでしょう。そして、彼、本田神父は、この地点に来てしまって久しいのです。今更何を言っても、容易に変わるものではないでしょう。
私が気になるのは、彼のことよりも、圧倒的に、このような司祭を放置している日本のカトリック界の方です。特に、彼を監督する責のある人達、すなわち、司教様や管区長様のことです。
(また書きます)

次へ
日記の目次へ
ページに直接に入った方はこちらをクリックして下さい→ フレームページのトップへ
inserted by FC2 system