2015.11.28

ジエブーラ神父作、西町教会の「十字架のキリスト像」

原則」と言わず「決まり」と言う司祭 である長崎大司教区・西町教会の主任司祭、SVD(神言修道会)の司祭、エウゲニウス・ジエブーラ(Eugeniusz Ziebura)神父は、西町教会の主聖堂のために次のような「キリスト像」を自らデザインし、祝別した。

カトリック西町教会

十字架のキリスト像

画像

西町教会 2015年2月28日祝福式
キリスト像のデザイン:E.ジエブーラ(SVD

画像

掲載ページ

カトリック西町教会

西町教会聖堂に新しい「十字架のキリスト像」

投稿日: 2015年3月9日

画像

この像は、主任司祭ジエブーラ神父様がデザインし、

鋳物の専門会社に依頼してつくられたものです。

掲載ページ

◎ 鋳物のキリスト像が付けられる前の十字架

カトリック西町教会

聖木曜日

投稿日: 2013年3月28日

画像

掲載ページ

私は、これ自体が既にして酷いと思う。やはりジエブーラ神父の作品なのではないか。

この作品のコンセプトはおそらく「金色に輝かす」である。この十字架の縦棒が下で終わる所に一つの箱様のものがある。それは十字架を下から照らす照明装置である参照参照参照。そしてもちろんその十字架は、(これは他の教会でも同様だろうが)建物内部の高い所に付けられた照明装置からも光を浴びる参照参照参照。そして「金色に輝く」。手作り感満載の、自分の安い趣味の世界を人々の公的礼拝の場所に押し付ける勇気のある、自己満のガキみたいな世界。

◎ ジエブーラ神父の銀祝を祝う市瀬管区長

カトリック西町教会

銀祝おめでとうございます!

投稿日: 2012年4月22日

画像

掲載ページ

彼はこの小学生の図画工作のような(と私などは思うのだが)十字架をどう思っているのだろう。

◎ 

鋳物のキリスト像が追加された十字架の前で堅信式を執り行う高見大司教

カトリック西町教会

4月19日、堅信式が行われました

投稿日: 2015年5月11日

画像

掲載ページ

彼は何とも思わないのか。

これら教会の指導者たちは「民主的」になった教会の中でこのようなものを見ても何も言えないのだろうか。それとも彼ら自身が「こういうのも有り」と思っているのだろうか。

◎ 従順な信徒たち

画像掲載ページ 2012年4月6日

画像掲載ページ 2012年4月7日

画像掲載ページ 2014年9月15日

画像掲載ページ 2015年4月5日

◎ 違いがはっきりしない

聖体拝領

2013年11月24日

掲載ページ

プレゼント

2015年4月5日

掲載ページ

プレゼント

2013年3月30日

掲載ページ

もちろん、これは日本の全ての教会の問題。しかし、どの典礼学者もこの近似を軽く見て笑う。

その他の画像

さて、そして、前回見たものをもう一度見てみよう。

或るSVDの司祭によって管理されている日本の或る礼拝堂にあるもの。

Found in a chapel in Japan ministered by an SVD priest.

私は「これもジエブーラ神父の作品である」と言うつもりは少しもない。つまり「断定」しない。これがどこの礼拝堂なのかさえ確認していないからだ。この写真を掲載したブログ主に訊いてみたが、今のところ回答はない。

しかし、「似ている」とは思う。
「SVDの司祭」とあるわけだし。

いずれにせよ、こう言っていいと思う。
ジエブーラ神父は変な感覚の司祭である。

次へ
日記の目次へ
ページに直接に入った方はこちらをクリックして下さい→ フレームページのトップへ
inserted by FC2 system