当サイトはリンクフリー・引用転載フリーです。許可を取る必要はありません。
「二人のシスター・ルチア」論争
管理人より
1.  表題を一応「論争」としておきましたが、本当は「論争」の入り込む余地はありません。
2.  私は “ミステリー” を楽しむつもりはありません。シスター・ルチアは事実「二人居た」のであって、これは深刻なことです。
しかし、私達の世界で “変な事” が起こった時、半端でなく物凄く “変な事” が起こった時、人々はその “居心地の悪さ” の中に落ち着いていられず(まあ、それが人情かも知れませんが)、結局、判断停止します(体よく「判断保留」と言い換える人もいるでしょうが)。バチカンでさえ同じです。人の世はそんなものです。
以下全て、Tradition in Action の記事の拙訳。ホーヴァット博士、万歳。
「二人のシスター・ルチア」論争
by マリアン・ホーヴァット博士
二人のルチアに関する賛否両論
ルチアの写真の上に広がり行く野火
インサイド・ザ・バチカン誌の写真はラベルの貼り間違いだった
あなた方は陰謀論マニアだ
二人のシスター・ルチア
写真と事実
by マリアン・ホーヴァット博士
「二人のシスター・ルチア」 論争
読者達は「二人のシスター・ルチアがいた」という考えで一致する
「二人のシスター・ルチア」 論争
読者達は更なる疑問を提出する
inserted by FC2 system